2019年7月12日金曜日

アンケート回答一部公開します(「いらんじゃろう!上関原発2019」)

2019年6月16日に開催した、「いらんじゃろう上関原発2019~人も自然も生きものも~」の来場者アンケートにお書きいただいた内容の、無記名で公開可と指定いただいたコメントを、公開します。記入に協力いただき心より感謝申し上げます。

口県出身の者としてとても大きな問題です。山口に原発ができたら帰省したくないと思い、活動に関心を持っていました。
反対を貫いてくださった地元の方々には感謝です。
さん、堀田さん、河合さんと、三者三様の立場からの発言が興味深かった。堀田さんのお話や写真が新鮮だった。Q&Aも聞き応えがあった。
ても元気の出る集会でした!! 来年もやってください!
合氏の話で、東海第二原発のことは新聞紙上で取り上げられているが、周辺30キロ内に100万人と聞くが、首都圏全体への影響は余り報じられていないのでショックな話だった。
ゲストのお話判りやすく、ユーモラスでよく判りました。
一民間企業(しかも地域独占)の利益のために限定することが不可能な程の危険と不安を市民に強いる原発には絶対反対。再稼働(新設)は論外!
府は、日本は貴重な豊かな自然がいかに大切なものかを全くかえりみず、経済や大企業一辺倒の姿勢を示しており、日本の国土を壊し続けています。
上関原発の反対運動のことは耳にしておりましたが、計画が持ち上がって37年もの長い期間の地道な運動についてはほとんど知らなかったので感動しました。以前よりいっそうの関心を持つことになったトーク会でした。
それぞれの方のお話時間が短すぎてとても残念。時間を伸ばせないのであれば.3人を2人(お一人は次回トーク会に)にとか、質問時間をトーク時間に回したら、と思いました(お一人30分前後ではあまりに短いです)。
発の問題を考えよう、実状をもっと知りたいと思う人がこんなにいて、こうして集まっているのに、日本は原発推進の方針を変えていない。どうしたらこんなバカらしい原発推進を停められるのか。上関や祝島で長いこと反原発の運動に関わっている人に、本当に御苦労さまと言いたい。私はこういう会に出てお話を聞くことしかできていないと申し訳なく思っています。
三方の話はそれぞれ違った観点からのもので、とても興味深かったです。もう少し広い部屋で、学生さんも参加しやすいように開催できないものでしょうか?
合弁護士の歯切れのよい、力強い解説・アピールに感銘を受けました。
原発即廃止!
合弁護士の講演にはいつも勇気を貰う。
世を変革するには変革後の姿が語られる必要があり、河合先生にはその姿を想像させてくれる力を感じます。
スコミにどうやってもっととりあげさせるか?
37年間の長期にわたる反対運動を取り組んでいる現地の皆さんの努力に敬意を表します。
上関原発計画白紙撤回実現まで微力ながら東京でも応援させていただきます。
原発の運動を「しぶとく」頑張っている皆さんに敬意を表します。
祝島をはじめ各地の運動が電力会社や経産省、規制委員会など関係者に「じわりじわり」と圧力になっていると思います。
「上関どうするネット」も含めて、われわれ市民が「共闘」していくことの重要性を感じています。頑張ろう!
いで生きるのもいいかも💙

2019年7月8日月曜日

上関どうするネットニュース2019年06月01日号

2019年6月1日号として発行した「上関どうするネットニュース」の pdf 版を に公開しましたのでご活用ください。jpeg 画像を参考用にはりつけます。上関原発計画地の公有水面埋立免許延長の不許可を求めるとともに、北海道胆振地震でのブラックアウトについて解説しています。

動画公開「いらんじゃろう上関原発2019~人も自然も生きものも~」(2019/06/16))

2019年6月16日に開催した、「いらんじゃろう上関原発2019~人も自然も生きものも~」の、主催者撮影の動画を公開しました。以下の、当ネットのYouTubeの再生リスト(https://www.youtube.com/watch?v=UR9KmNs0oko&list=PLT68K5xpCw_xOhg97fOF9j8H0zZrq_5re)に加えましたので、ご高覧ください。
今回公開された動画二点は以下です。
(1)「いらんじゃろう上関原発2019・講演(質疑応答も含む)」https://youtu.be/XXGRQCgTbLE 
詳細:
「いらんじゃろう上関原発2019~人も自然も生きものも~
2019年6月16日(日)
13:30~16:00
第一部 
「上関原発計画の現状」伴英幸さん(原子力資料情報室共同代表)
「祝島に移住しました」堀田圭介さん(祝島在住、岩田珈琲店店主)
「脱原発・自然エネルギーで日本を変える」河合弘之さん(弁護士、映画『日本と原発
』監督)
第二部 質疑応答
(2)「いらんじゃろう上関原発2019・パレード 」https://youtu.be/UR9KmNs0oko 
詳細:
いらんじゃろう上関原発2019~人も自然も生きものも~
2019年6月16日(日)
パレード(水道橋界隈)
以上

2019年6月28日金曜日

山口県知事宛に、中国電力に対し工事竣功期間伸長許可を与えないよう求める要請書を提出しました

上関原発どうするの?〜瀬戸内の自然を守るために〜(略称:上関どうするネット)は、2019年6月10日に中国電力株式会社が山口県知事宛に提出した公有水面埋立免許の工事竣功期間伸長許可申請に対して、許可を与えないよう求める要請書を同県知事に6月27日付けで提出しましたので、ここに報告いたします。(なお、この文章のpdfは https://yahoo.jp/box/cGvC9u からダウンロードいただけます。)


村岡嗣政山口県知事 様


2019年6月27日
上関原発どうするの?〜瀬戸内の自然を守るために〜
(略称:上関どうするネット)
164−0011 東京都中野区中央2-48-4 小倉ビル1階
NPO法人原子力資料情報室気付(担当:伴英幸)


 私たちは上関原発計画の白紙化を求める首都圏の住民の集まりです。6月10日に中国電力(株)が知事宛に提出した公有水面埋立免許の工事竣功期間伸長許可申請に対して、許可を与えないことを要請します。

 その理由は以下の通りです。

1. 虚構の重要電源開発地点指定

 重要電源開発地点指定が現在も引き続き有効であり、事情の変化がない限り解除は考えていないというのが経産省の「回答」ですが、経産省は「事情の変化がない」との判断について「事業者(中国電力)からの重要電源開発地点解除の申し出がない中で、その指定を国みずからが解除する必要はない」(2017年5月12日衆議院経済産業委員会における世耕大臣の答弁)としています。これでは、中国電力は政府が解除していないことを根拠に、政府は中国電力から解除の申し出がないことを根拠に引き続き有効としていることになります。両者が相手を根拠にしている状態では、虚構の「回答」と言わざるを得ません。このような虚構を伸長の根拠にすることは行政の不作為と言う他ありません。


2. 現状は重要電源開発地点指定の要件を満たしていません。
  • 指定要件の1)に事業者の供給計画に記載のあること、となっています。しかし、電気事業法第29条1項に基づき中国電力がOCCTO(電力広域的運営推進機関)に提出している供給計画において、上関原発は供給計画に入っていません。また、政府は第5次エネルギー基本計画において2030年時点の発電電力量における原子力の割合を20〜22%としていますが、この中に上関原発は含まれていません(新設なくても達成できると政府は述べています)。
  • 指定要件の4)に計画の具体化が確実な電源であること、となっていますが、中国電力の経営計画では着工時期や竣工時期は未定となっており、建設計画が具体的ではなくなっています。
  • 指定要件の5)に電力需給対策上重要な電源であること、となっていますが、上記OCCTOに提出した供給計画によれば、向こう10年間の需要予測は18年度よりも減少しています。この傾向は電力の自由化の進展の中で続くことになると考えられます。他方、供給力は島根3号炉の再稼働申請により大幅に増えることになります。もはや上関原発計画は需給対策上重要な電源ではなくなっています。
  • 重要電源開発地点の指定に関する規程によれば、指定要件の「いずれかに適用しなくなったとき、その指定を解除することができる」としています。上記3要件がすでに適合していないのですから、本来なら指定解除すべきところです。経済産業省が解除しない理由は上記1.で述べましたが、それは明らかに政府の不作為です。山口県知事としてこれを追認するべきではありません。

3. 09年の設置許可申請は事実上白紙に

 原子力規制庁によれば、13年に策定された新規制基準策定により、09年の許可申請では審議できません。2011年3月までに旧原子力安全・保安院において申請に基づく審査が行われ、一部地質調査の継続が指示されましたが、福島原発事故後は一度も審査されていません。原子力規制庁は、中国電力が審査を望むのであれば、申請書の出し直しか補正書を提出する必要があると述べています。以前の許可申請では審査される状態にないことが明らかであり、事実上の白紙状態と言えます。

 中国電力は2023年3月までの伸長を申請していますが、これまでの間に、上記2並びに3で述べた状況が変化し、上関原発建設へと向かう可能性は皆無と言っても過言ではありません。こうした現状を踏まえて県知事は公有水面埋立免許の伸長を許可しないことを求めます。


2019年6月16日日曜日

6/16「いらんじゃろう!上関原発2019」(東京)のご案内

今年も開催します! ふるってご参加くださいませ。チラシのpdfファイルを https://yahoo.jp/box/yvP9no に置きましたので、ご利用ください。
(6/15記 FAX、web予約フォーム でのお申し込みは締め切らせていただきましたが、お席はまだございます。ご予約の方は dousuru_net@mail.goo.ne.jp にご連絡お願いいたします。)


トーク&パレード

いらんじゃろう! 上関原発2019~人も自然もいきものも~


瀬戸内海の西の端、山口県上関町に原発計画が持ち上がって37年目。
建設予定地周辺は希少生物の宝庫であり、対岸の祝島の人たちが生業をたてる豊かな海域です。島をあげての粘り強い反対運動で原発建設を食い止めていますが、中国電力はこれから2基の原発を作ろうとしています。

2011年の3・11東電福島原発事故から8年、いまだに事故は収束できず放射能は放出され続け、「原子力緊急事態宣言」は解除されていません。5万人以上の人たちが故郷に帰れず、かけがえのない日常を奪われたままです。

多くの人たちが「もう原発なんて、いらんじゃろう!」と思っています。
今と未来のために、原発のない社会を私たちが選択し作り上げていきましょう。

数多くの原発裁判を手がけていらっしゃる河合弘之さんに、世界の潮流を
見据えた広い視点からのお話を、
祝島に移住された「岩田珈琲店」店主の堀田さんに島での暮らしや思いをお話ししていただきます。
皆さん、ぜひおいでください。

日時:2019年6月16日(日)13:30~16:00(開場13:00)
                 16:30 パレード出発(錦華公園より)
場所:明治大学リバティタワー 9階1096教室
    (東京都千代田区神田駿河町1-1)
https://academy.meiji.jp/guide/access.html

参加費:1000円(高校生以下無料) 予約優先
(パレードのみご参加の場合は参加費不要です)

予約方法
①FAX 03-5358-9791
②web予約フォーム http://ur0.link/T1js
ゲスト
河合弘之さん(弁護士、映画『日本と原発』監督)
堀田圭介さん(祝島在住、岩田珈琲店店主)

主催:上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~ (略称:上関どうするネット)
ブログ:http://kaminoseki.blogspot.com/  
お問合せMail: dousuru_net@mail.goo.ne.jp

賛同者募集中! 個人1口 1,000円、 団体1口 3,000円
             郵便振替  00130-3-338139  加入者名 上関どうするネット
 銀行振込 ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座 0338139
   加入者名 上関どうするネット
 *通信欄に『6.16賛同』とお書きください。

2019年5月11日土曜日

賛同団体リスト(6/14現在)(「トーク&パレード いらんじゃろう!上関原発2019」)

(この記事は賛同団体の増加とともに更新されます。)

わたくしどもが2019年6月16日(日)に東京で開催する、「トーク&パレード いらんじゃろう! 上関原発2019」の6月14日現在の賛同団体のリストを掲げます(ありがとうございます)。

リストの下に、「賛同のお願い」を掲げます。
団体賛同の申し込みを6月2日までにいただいた場合、当日プログラムに団体名を掲載させていただきます。可・不可をご連絡願います。なお、賛同団体でご希望がある場合、チラシを配布資料として折り込みますので当日早めにお持ちください。(当日、会場には置きチラシのコーナーはありません。)

1. ふぇみん婦人民主クラブ
2. 国際環境NGO FoE Japan
3. 原子力規制を監視する市民の会
4. 原発を考える品川の女たち
5. 有明海漁民・市民ネットワーク
6. 環境まちづくりNPO 元気力発電所
7. グリーンピープルズパワー株式会社
8. 原子力資料情報室
9. NPO法人 市民電力連絡会
10. 瀬戸内うみすずめ会
11. 環境まちづくり エコメッセ
12. 東京・生活者ネットワーク
13. 品川・生活者ネットワーク
14. 大田・生活者ネットワーク
15. 練馬・生活者ネットワーク
16. いのち・未来 うべ
17. 原発いらん! 山口ネットワーク
18. 核・原発のない未来を子どもたちに@練馬
19. 山口から日本を変える市民の会・山陽小野田
20. 上関原発を建てさせない山口県民連絡会
21. 


いらんじゃろう! 上関原発2019 ~人も自然もいきものも~
賛同のお願い

瀬戸内海西部、山口県上関町に原発建設計画が持ち上がって37年目。
祝島の人びとの島をあげた根強い反対で、工事も海の埋立てもくい止めていますが、中国電力は新規原発を2基つくる計画をすすめようとしています。
2011年3月11日の東京電力福島第一原発事故から8年、いまだに事故は収束できず、放射能は放出され続け「原子力緊急事態宣言」は解除されていません。多くの人が脱原発を望んでいるのに、なぜ日本は原発をやめられないのでしょうか?

「もう、原発なんていらんじゃろう!」

この問題について、数多くの原発裁判を手がけていらっしゃる弁護士の河合弘之さんと、札幌から祝島に移住され岩田珈琲店を営む堀田圭介さんにお話しいただきます。
上関原発計画をなんとしても白紙撤回に追い込むため、全国の皆さまのお力が必要です。
皆さまのご賛同を心よりお願い申し上げます。

■日時・会場 2019年6月16日(日)13:30~16:00 明治大学リバティタワー(東京・お茶の水)
■賛同金 個人1口 1,000円  団体1口 3,000円
■振込の場合
 郵便振替口座 00130-3-338139 加入者名 上関どうするネット
        *通信欄に「6.16賛同」とお書きください。
 銀行振込 ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019) 当座0338139
      加入者名 上関どうするネット

*団体賛同は6月2日申込分まで当日プログラムとブログに団体名を掲載させていただきます。可・不可をご記入願います。なお賛同いただいた団体でご希望のある場合は、チラシを配付資料として折り込みますので早めにお持ちください。

主催: 上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~(略称 上関どうするネット)

メール dousuru_net@mail.goo.ne.jp   ブログ http://kaminoseki.blogspot.jp/


2019年1月16日水曜日

2月21日(木)学習会「ほんとはどうなの? ブラックアウトと接続抑制」

「上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~」では、2019年2月21日(木)夜、新宿区で、「ほんとはどうなの? ブラックアウトと接続抑制」というテーマで学習会を開催します。上関どうするネットメンバー以外の方もご参加いただけます。ご来場をお待ち申し上げます。(pdfチラシはこちらです。)



学 習 会
ほんとはどうなの?
ブラックアウトと接続抑制

 2018年9月6日北海道胆振(いぶり)地震が起こり全道がブラックアウトに、一方九州電力は2018年9月と、そしてこの正月にも、太陽光・風力などの再エネ電力の接続抑制に踏み切りました。
 
 どうしてこのようなことが起きるのでしょうか? 本当のところはどうだったのでしょうか?
 大規模発電所から大消費地へ電力を供給する現在の電力供給システムでは避けられない問題ではないでしょうか? 
 私たちの関心ごとでもあり真相を知りたいと考え、学習会を企画しました。
 講師の竹村英明さんは全国の地域主導型発電の普及に努めながら、自ら電力事業にも取り組んでおられる方です。こうした疑問点についてわかりやすくお話しいただきます。

 なお、2月21日は上関原発計画をめぐる様々な出来事の中で忘れられない日です。2011年の2月21日から23日まで、中国電力は上関原発予定地に大勢の警備員と作業員を送り込み、埋立てを強行しようとしたのです。私たちの怒りの原点でもあるこの出来事を忘れないためにも、この日に集い、脱原発と持続可能なエネルギーの在り方を考える機会としましょう。
♢ ♢ ♢

日時:2019年2月21日(木) 18:30~20:30
場所:エコギャラリー新宿2F研修室
   新宿区西新宿2丁目11−4(アクセスについては下段をごらんください)
資料代:500円
講師:竹村英明さん(NPO法人 市民電力連絡会 理事長、株式会社イージーパワー・株式会社グリーンピープルズパワー 代表取締役)
主催:上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~
 
※ 準備の都合上、 事前に E-mail: dousuru_net@mail.goo.ne.jp へお申し込みいただ
けると助かります。(当日参加も可能です)
※ Facebook に「イベント」を作成しました。こちらでも参加を表明いただけます。
  
♢ ♢ ♢

「エコギャラリー新宿」へのアクセス
  https://www.shinjuku-ecocenter.jp/access/
●徒歩:新宿西口より約15分
●バス:新宿駅西口ターミナル17番乗り場
     ・宿32【佼成会聖堂普門館前】行き「十二社池の下」より徒歩1分
     ・宿33【永福町】行き「十二社池の下」より徒歩1分
    新宿駅西口地下広場シャトルバス乗り場
     ・CH01(循環)【都庁舎】行き「都庁第一本庁舎」より徒歩7分
●地下鉄:大江戸線「都庁前」駅A5番出口より徒歩5分
     丸の内線「西新宿」駅2番出口より徒歩10分
●Google Map へのリンク https://goo.gl/maps/PFXWQfjyB992