2019年12月15日日曜日

12月3日緊急院内集会最終報告

12月3日に終了した緊急院内集会「海上ボーリング調査の中止と上関原発計画の撤回を求めて」では、会場でカンパと布メッセージを多くお寄せいただきました。
大変遅くなりましたが、その報告をさせていただきます。

【カンパ】
 78715円お寄せいただき、次のように送金いたしました。
  「上関原発を建てさせない祝島島民の会」 73715円
  「原発いらん!山口ネットワーク」     5000円

【布メッセージ】  23 枚
 大漁旗ぐらいの大きさ3枚に縫い合わせる作業を行っているところです。仕上がり次第島民の会に送ります(写真はそのうちの1枚です)。

 皆様のご協力、心から感謝いたします。ありがとうございました。
今後も引き続き「上関原発を建てさせない祝島島民の会」へのハンカチアクションとカンパのご協力をよろしくお願いいたします。(詳細は同会のブログに掲載されています。)

【アンケート】
 当日お寄せいただいたアンケートからブログアップについてご了承いただいたものをご紹介します。

★映像がきれいで現地の様子がわかりやすく伝わってきて、とても良い集会だと思いました。
武本匡弘さんの映像は東京など都会の人たちに広くみんなにみてもらいたいと思いました。こんなきれいな海、世界の海との比較はショッキングです。
★まず、38年間の反対運動に大きな敬意を表します。(私たちはこの7年間柏駅で反原発活動している反原発葛飾連合の者ですが)応援しています。頑張ってください。
★以前スウェーデン人のレーナたちと祝島を訪ね、その足で中国電力にも行きました。それから数年たち今また計画が進もうとする異常さを驚いている。ぜひやめさせてほしい!との伝言です。
★2年前、祝島へ行ってきました。その日水曜日だったので、おばあさんたちが抗議行動をしていました。私も中電社員にいろいろ注文をつけてきました。自然豊かな海を死なせては絶対にいけません。守ろう豊かな海を!
★小中さんの海中写真で瀬戸内海にこんなすばらしいところが残されていること、これを残さなければならないと改めて実感。
★今、このタイミングで集会を緊急に呼びかけていただいたこと、心から感謝します。このような情報共有を小規模でもいろいろな場所で行えたらと思いました。
★原発 0 を目指しています。頑張りましょう。
★電気は足りているのに、原発をなぜ新設したがるのか理解できない。生物多様性の祝島、長島周辺の海をずっと守っていきたい。
★お三方とも大変分かりやすい話でした。
特に小中進さんの歯切れの良い話しぶりには改めてエネルギーを与えられた思いでした。あきらめないぞ! (追記)真水が海底から湧くのは豊かな良い海の証拠。(東北の巨大)防潮堤問題を通じて知りました。
★力を合わせて/力をゆるめずに/共に目標に向けて歩みたい!!
★このボーリング調査について私は恥ずかしながらもはじめて知りました。どんなことがあっても、負の遺産を残すことは止めて欲しいです。未来はこども達のために!!!

2019年12月10日火曜日

【動画公開】12/3緊急院内集会 「海上ボーリング調査の中止と上関原発計画の撤回を求めて」

動画アップのお知らせ
緊急院内集会
「海上ボーリング調査の中止と上関原発計画の撤回を求めて」
12月3日緊急院内集会の動画をアップしました。
https://youtu.be/6VGs5QFFcPs?t=1
講師の伴英幸さんからは上関原発計画の問題点、武本匡弘さんは世界の海と比べて田ノ浦の海がどんなに貴重なものであるか、小中進さんからは現地で進められようとする上関原発計画の様子、それぞれのお立場からのお話をいただきました。また、チームゼロネットから提供いただいた現地田ノ浦の船上からの録画もあります。
ぜひごらんください。そして、周りの方々に広くお知らせいただけると幸いです。
++++++++++++++++++++++++++
緊急院内集会
「海上ボーリング調査の中止と上関原発計画の撤回を求めて
日時:2019年12月3日(日)16:00~18:00
会場:衆議院第一議員会館1階 多目的ホール
司会:菅波完さん(高木仁三郎市民科学基金事務局長)
<問題の解説> 0:02:00~0:42:30
1.上関原発の問題点 伴英幸さん(原子力資料情報室 共同代表)     
2.上関原発予定地の自然環境 武本匡弘さん(プロダイバー・環境活動家)  
<現地からの報告> 0:45:26~1:39:00
3.ビデオ 現地の様子(録画:提供 チームゼロネット)    
4.上関現地応援者報告 小中進さん(原発いらん!山口ネットワーク代表)   0:53:15~1:20:36
5.質疑応答   
<意見交換> 1:39:30~終了
6.行動提起   上関どうするネットより
  緊急ハンカチアクションの呼びかけ 上関原発を建てさせない祝島島民の会
7.国会議員の皆さんから
途中、社民党・立憲民主党の国会議員の方からのメッセージあり。
主催:上関原発計画どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~
(略称:上関どうするネット)
 ほか15団体・グループの呼びかけにより開催
***************************
12・3院内集会での行動提起
〔国会議員の皆さんへ〕 
・海上ボーリング調査の現場を視察し、祝島の人たちの声を聞いてください。
・山口県と中国電力に調査の結果の必要性とこの間の経緯について問い合わせてください。
・議員有志で今回の海上ボーリング調査に関する声明を出してください。
・現場の混乱の防止と祝島の人たちの漁業権確保について、政府に問いただしてください。
〔みなさんへ〕
・原発を建設するための海上ボーリング調査の動きを周りの方に伝えてください。
そのため
「上関原発を建てさせない祝島島民の会」のブログ
http://blog.touminnokai.main.jp/
「祝島島民の会青年部」のツィッター
https://twitter.com/touminnokai
「祝島島民の会青年部」のツイキャス
https://twitcasting.tv/c:touminnokai/movie/578774421
をSNSで広めてください。
・山口県と中国電力に電話やFAX、メールなどで抗議してください。
「知事への提言」(山口県)
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/…/a11000/chi…/proposal.html
「ご意見・お問い合わせ>原子力情報」(中国電力)
https://www.energia.co.jp/cgi-bin/form/atom/system.cgi

2019年12月9日月曜日

【報告】緊急院内集会12/3「海洋ボーリング調査の中止と上関原発計画の撤回を求めて」

緊急院内集会「海洋ボーリング調査の中止と上関原発計画の撤回を求めて」は15の呼びかけ団体・グループの賛同をいただき、昨日130名の参加をいただいて無事終了しました。
ご協力いただいた皆様、参加された皆様、ありがとうございました。
集会では、原子力資料情報室共同代表であり当会メンバーの伴英幸さんから上関原発の問題点について、プロダイバー・環境活動家の武本匡弘さんから世界的に見ても田ノ浦の海がいかにすばらしいかというお話をいただきました。

また、現地田ノ浦の海の様子をありありと伝えるチームゼロネットメンバーのツイキャス録画を借用して上映した後、山口県田布施町からおいでいただいた小中進さん(原発いらん山口ネットワーク代表)から上関原発計画予定地周辺の現在の陸の様子がよくわかる写真を見せていただきながら、上関原発反対運動の経緯をご紹介いただきました。
小中さんのお話の中で印象的だったのは、「とにかく諦めないこと」という言葉です。

最後に上関どうするネットからの行動提起を発表、続いて祝島島民の会からの緊急ハンカチアクションのアピールを紹介、その場でみなさんに布メッセージを書いていただきました。
また、毎日海に出る祝島の皆さんへの応援カンパとして会場の皆さんから心のこもった金額を多くお寄せいただき、島民の会へ送金いたしました。

動画は https://www.youtube.com/watch?v=6VGs5QFFcPs に公開しました。内容を別の記事にいたします。

2019年11月20日水曜日

2019/12/03 緊急院内集会「海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求めて」

 山口県上関町では11月8日(金)から、中国電力が上関原発計画にかかる海上ボーリング調査のための測量をしようとして田ノ浦の海にやってきています。そのため、対岸祝島の漁師さんたちがシケなどで中国電力がやってこない日以外は連日、朝から中国電力の船が引き揚げるまで、田ノ浦の海で漁をしながらこれをくい止めています。
 このボーリング調査を許すということは、そのまま上関原発計画を進めるということになります。決してこれを認めることはできません。
 そこで、私たちは海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求める緊急院内集会を、12月3日(火)16時から衆議院第一議員会館1階多目的ホールにおいて開催することにしました。
 この集会は、上関どうするネットを含め15の団体・グループの呼びかけで行われるものです。
 上関原発計画につながる海上ボーリング調査を中止させるために、ぜひお集まりください。みんなの力を結集させましょう。


緊 急 院 内 集 会

海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求めて


 政府が原発の新規立地を認めていない中、山口県は7月26日、中国電力に対し上関原発計画にかかる埋立免許の再延長と海上ボーリング調査を認めました。このことから、中国電力は11月8日からボーリング調査のための準備工事を開始、14日からボーリング調査を行う(2020年1月30日まで)としています。しかし、この埋立免許申請・許可の一連の流れを巡っては非常に多くの問題が横たわっています。
 上関原発計画に対しては、漁業への影響が大きいことから対岸祝島の人たちが1982年から一貫して反対しています。また、現地の環境保護団体と専門家が一体となって行った長年の調査により、予定地周辺が生物多様性のホットスポットであることも明らかになっています。
 私たちは、この瀬戸内海の豊かな自然を未来に残したいと願い、原発のない社会の実現を求めて、今回緊急院内集会を開くことにいたしました。
 ぜひご参集ください。

■日時:2019年12月3日(火)  16:00~18:00
■会場:衆議院第一議員会館1階 多目的ホール
■入場無料   お申し込みは不要です
※15:30ごろから衆議院第一議員会館入り口付近で係の者が通行証をお渡しします。

■内容:
1 問題の解説
  「上関原発の問題点」  伴英幸さん(原子力資料情報室・共同代表)
  「上関原発予定地の自然環境」 武本匡弘さん(プロダイバー・環境活動家)
2 現地からの報告
    現地から(録画)
    上関現地応援者報告  小中進さん(原発いらん!山口ネットワーク代表)
3 意見交換
    国会議員の皆さんから
    今後への提言(上関どうするネットより)

■呼びかけ団体・グループ
上関どうするネット / 国際環境NGO FoE Japan / ふぇみん婦人民主クラブ / 原発を考える品川の女たち / 環境まちづくりNPO元気力発電所 / NPO法人川崎フューチャー・ネットワーク / チームゼロネット / プルトニウムフリーコミュニケーション神奈川 / 脱原発をめざす女たちの会 / 市民電力連絡会 / 原子力規制を監視する市民の会 / アジア太平洋資料センター(PARC) / ラムサール・ネットワーク日本 / 環境まちづくりNPOエコメッセ / きらきら星ネット

事務局  上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~
     (略称:上関どうするネット)
連絡先   Mail:dousuru_net@mail.goo.ne.jp
                 TEL:03-6821-3211(原子力資料情報室気付 伴)
                  ※ お問い合わせはできるだけメールでお願いいたします。

(ちらしの pdf は https://yahoo.jp/box/1ezaMn からダウンロードいただけます。)

2019年11月11日月曜日

中国電力宛抗議文「 海上ボーリング調査を中止と、上関原発計画の撤回を求める」

本日2019/11/11、上関どうするネットは、山口県知事と中国電力株式会社宛に抗議文を送付しました。こちらは、中国電力株式会社宛の抗議文です。pdf版の文書は https://yahoo.jp/box/8NZaE1 からダウンロードいただけます。またこの記事の末尾に文書の jpeg 画像を貼りつけます。

海上ボーリング調査を中止と、上関原発計画の撤回を求める

2019年11月11日
中国電力(株)代表取締役 清水希茂 様
上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~
(略称:上関どうするネット)
東京都中野区中央2—48−4 小倉ビル1階
TEL 03-6821-3211 FAX 03-5358-9791
(原子力資料情報室気付 担当伴)

 「上関どうするネット」は、首都圏で上関原発問題に関心を寄せる人たちが有志で構成している市民グループです。上関町や山口県の出身者や関わりのある人たち並びに上関町の事業者と商取引のある者も加わっています。
 今般貴社は、上関原発予定地の埋め立て海域内で「断層評価を目的」とする海上ボーリング調査を、2019年11月14日から開始すると表明しています。しかし、この調査には利害関係者である祝島漁協の同意がなく、私たちは貴社の強行姿勢に怒りを禁じえません。調査中止と上関原発計画の白紙撤回を求めます。
祝島漁協(山口漁協祝島支所)の同意がない中での調査強行は、利害関係者の同意を必要とする海岸区域占用許可手続きに違反しており、準備活動を含めて即刻中止するべきです。
 祝島漁協をはじめ島民の大多数が上関原発計画に38年もの間反対し続けています。こうした島民の方々の思いや姿勢を貴社は長年にわたって踏みにじってきました。しかし、福島原発事故が起き、その爪痕がなおも福島の人びとを苦しめ、健康への深刻な影響が指摘されています。また、事故炉の廃炉が40年を超える長期にわたりその費用も50兆〜70兆円と評価(日本経済研究センター)される中、その教訓も無視して、原発建設へ向けた調査を強行することは許されません。
 ボーリング調査による騒音で魚が逃げると、漁業者たちは漁業へ悪影響を及ぼすことを心配しています。貴社は調査期間を2020年1月30日までと公表していますが、調査は海域に櫓を組み騒音の中で行なわれるでしょうから、これに伴う環境影響や漁業への影響を無視してはなりません。
 政府の原子力政策は上関原発計画を新規立地に位置づけており、同時に新規立地を認めていません。政策として認めていないことを強行するのでしょうか? 同時に第5次エネルギー基本計画では将来に向けて再生可能エネルギーを主力電源化することを政策方針としています。時代は再エネへと流れています。これまで電力業界は石炭火力+原発で二酸化炭素排出率の削減を主張してきましたが、排出量は結果として増えてしまっているのです。更にこれまでの強引な原発建設への貴社の取り組みは40年にわたる地域の分断をもたらし、地域住民に苦痛を与え続けています。こうした古い考えを転換して、上関原発計画を撤回して、貴社としても再エネの主力電源化に積極的に取り組むことを求めます。

村岡嗣政山口県知事による海上ボーリング調査許可の撤回を求める声明

本日2019/11/11、上関どうするネットは、山口県知事と中国電力株式会社宛に抗議文を送付しました。こちらは、山口県知事宛の抗議文です。本文書のpdf版は https://yahoo.jp/box/nZoBFR からダウンロードいただけます。また末尾に jpeg 画像を貼り付けます。

村岡嗣政山口県知事による   
海上ボーリング調査許可の撤回を求める声明

2019年11月11日

山口県知事 村岡嗣政 様
上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~
(略称:上関どうするネット)
東京都中野区中央2—48−4 小倉ビル1階
TEL 03-6821-3211
(原子力資料情報室気付 担当伴)

 「上関どうするネット」は、首都圏で上関原発問題に関心を寄せる人たちが有志で構成している市民グループです。上関町や山口県の出身者や関わりのある人たちも多く加わっています。

 今般中国電力は、上関原発予定地の埋め立て海域内で「断層評価を目的」とする海上ボーリング調査の許可を山口県から得たとして、2019年11月8日から準備工事を14日からのボーリング調査を開始すると表明しています。

 このことは貴職の中国電力による海上ボーリング調査への許可が、その起点となっています。しかしながら、この許可そのものが無責任な行為であり、到底容認できるものでありません。今回の事態を引き起こしている貴職の許可行為について、怒りを禁じえません。今からでも遅くはありません。許可を取り消してください。

以下、許可撤回を求める根拠を述べます。

●許可と条例趣旨との不適合 ~ 漁業者の了解はあったのか
 報道によれば、貴職は今回の許可理由を「条例に基づき審査を行い、審査基準に適合していた」と説明しているとのことですが、条例に基づく「一般海域占用許可基準」には「許可の条件」として「申請書の記載事項に関する条件のほか、(中略)個々具体的な場合において種々の条件を附すことにより占用が一般海域の機能に支障を与えないよう措置するものとする」との要件が記されています。許可申請書には利害関係者の同意が明記されていますが、田ノ浦周辺を漁場とする祝島漁協の合意は得られていません。貴職は「海域周辺で漁業や遊漁が行われる可能性があり、事故やトラブルのないよう対処」することを中国電力に口頭で伝えたと報じられていますが、過去の経緯を考えれば、口頭通知で十分とは考えられません。貴職のこれまでの発表にはこれらについて一切触れられていませんが、報道などから判断するに、利害関係者の合意書の添付の有無を確認したとは考えられません。したがって、今回の許可は貴職が定めた条例に違反する行為だったといわざるを得ません

●着工見込みのない原発建設のためのボーリング調査を許可した理由が不明
 貴職は2019年7月26日に発出した平31商政第394号「上関原子力発電所建設予定地の埋立工事について(要請)」において、「発電所本体の着工時期の見通しがつくまでは、埋立工事を施行しないこと」と中国電力に要請していますが、このことは現時点で「発電所本体の着工時期の見通し」がないことの言明です。
 一方政府は現在も「原発の新規立地は行わない」としています。
 にも拘わらず、なぜ今、原発建設へ向けた海上ボーリング調査に対して許可を出したのでしょうか? 許可権者として、その判断根拠を県民や全国の市民に説明できるのか、大いに疑問です。仮に原発が建設されることになれば、貴職は県民の命を守る重責を負うことになります。単なる申請と許可という手続き論ではすまされません。

●海上ボーリング調査の環境影響への評価の不明
 海上ボーリング調査は中国電力のホームページでは「断層と上載地層の関係による断層評価を目的としたボーリング調査」となっています。櫓を組み機器を設置して穿孔するのですから、環境への影響を与えることになります。この環境影響をどのように評価して許可に至ったのかを明らかにするべきです。また、漁業者たちはボーリングに伴う音で魚が逃げると漁業への影響を指摘していますが、これもきちんと評価するべきです。どのように評価したのかを明らかにするべきです。こうした評価なく許可を与えることは許されません。

以上

2019年9月27日金曜日

上関どうするネットのニュースレター、「国会ニュース」のvol.19と、「イベント特集号」が出来上がりました。pdf 版は
「国会ニュース」vol. 19 は https://yahoo.jp/box/IDj0M2
「イベント特集号」は https://yahoo.jp/box/d19cCU
からダウンロードいただけます。
「国会ニュース」vol. 19ではこの7月26日に山口県知事が中国電力の二度目の公有水面埋立免許延長申請を認めた問題について、「イベント特集号」では、6月16日に開催した「いらんじゃろう!上関原発~人も自然も生きものも~」の概略を紹介しています。