2021年4月14日水曜日

経済産業省 資源エネルギー庁宛て「エネルギー基本計画見直し」に対する意見書

経済産業省 資源エネルギー庁に宛てて、「エネルギー基本計画見直し」に対する意見書を、
上関どうするネットとして2021年3月上旬に提出しました。意見書の PDF はこちらからご覧いただけます。
資源エネルギー庁のHPはこちらです。たくさん意見を送りましょう! 締め切りは未定のようです。https://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/opinion/index.html


 
上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~
エネルギー政策に関する意見
 
 1982年に浮上した原発計画(山口県上関町)が未だに建設に至っていません。その最大の理由が漁民ら地域住民の強い反対です。豊かな漁場を漁民たちは必死に守っているのです。2009年に設置許可申請が原子力安全・保安院(当時)に提出されましたが、2011年の福島原発事故によって中断して現在に至っています。そしてこの計画は新設計画と位置付けられて現在に至っています。

 原発立地計画が浮上すると地域内では激しい諾否の対立が起こり、それは長く続きます。あたかも地域を「ブルドーザーで蹂躙する」ようなことが起きるのです。対立や溝は深まり、計画が実現した地域では対立が人々の内側にこもり、白紙になった地域では修復に多大な努力と長い時間が必要です。
 
 第5次エネルギー基本計画には原発の新増設やリプレースが盛り込まれませんでした。もし仮に、盛り込まれていたら、原発建設計画が強く進み出すことになったでしょう。漁民を苦しめ、地域での対立や亀裂を深めることが避けられました。第6次エネルギー基本計画について、梶山弘志経済産業大臣は2030年時点では原発の新増設は想定していないと明言されていますが、その姿勢を是非とも堅持して頂きたいと願っています。
 
 さて、上記は個別の事例ですが、日本のエネルギー政策を考える上で重要です。福島原発事故を経験した日本では、世論の過半が原子力からの撤退を求めています。例えば、原子力文化財団が2019年に実施した世論調査では、即時廃止すべき並びに徐々に廃止してくべきと回答した人は合わせて60.6%に達しています。他方、増やしていくべきと回答した人は2.0%、事故前の状況を維持すべきは9.3%でした。
 
 2050年カーボンニュートラルを実現するために「グリーン成長戦略」が提案されています。これによれば、化石燃料の直接消費を主として電力に切り替えていくために電力消費が大幅に増加することを想定し、これを達成するために、再エネ5〜6割、原子力と化石燃料+CCSで3〜4割、そしてアンモニア10%としています。再エネ100%が非現実的などと補足しています。しかし非現実的なのは原子力の新増設やCCSの実現の方だと私たちは考えています。CCSは未だ実用化されていない技術ですし、貯留場所が決まらずコストもどの程度高くなるのか未知とされています。原子力は上記世論調査が示すように、合意を得ることは難しいと考えられます。そのうえ原子力発電は以下の未解決の問題やリスクが伴います。
  1. 原子力発電は、どれだけの対策を取っても事故リスクから逃れることはできません。それだけでなく、伊方原発や大飯原発に関する裁判の判決を見ると、規制基準を仮にクリアしていたとしても事故リスクが考えている以上に高い可能性があります。福島原発事故と被災地の終わらない現状を見ると、重大事故の再来は悪夢というほかなく、さらに数十兆円の負担は日本経済の破綻を招く恐れが高いと言えます。
  2. 高レベル放射性廃棄物に代表される使用済核燃料の後始末は、狭い地震国日本では原子力利用を続けながら、処分地選定への合意が得られる見通しがありません。高レベル放射性廃棄物のみならず、廃炉に伴い発生する膨大な放射性廃棄物(L1〜L3)の処理・処分も未解決の課題です。
  3.  福島第一原発の廃炉には建前上40年の期間が想定されていますが、40年後に廃炉が完了するという確証はありません。さらに、廃炉作業で出ている放射性廃棄物(約800万トンに上るとの評価がある)の搬出先が決まっていないし、県外の搬出先は決まらないと考えられます。
  4.  福島第一原発の事故後、原子力発電の安全確保のための追加経費は増大しており、建設予定地の確保から廃炉、使用済み核燃料の後始末までの費用を踏まえるとすれば発電単価が「安い」は過去の評価であり、現在では、経済合理性を持ち得ていません。 
 一方で再生可能エネルギー導入への動きは急激であり、RE100を目標とする企業は増え続け、自治体での再エネ導入の動きや地域での再エネ発電の動き、再エネ小売事業も活発です。私たちはこうした動きを助長し再エネ100%へと引き上げていくのが政府の政策だと考え、これを第6次エネルギー基本計画に盛り込むことを求めます。さらに、グリーン成長戦略が言及しているように省エネが非常に重要な役割を果たすと考えます。現行の需給見通しでは省エネを17%としていますが、さらにいっそうの省エネをすすめることを期待します。




2021年4月11日日曜日

2021年4月17日(土)、第4回オンライントーク「祝島小学校再開! おめでとうスペシャル」開催 


上関どうするネットでは昨年に引き続き、祝島と結んでオンライントークを開催いたします。YouTubeでのライブ配信です。(4/11追記 配信 URL は、https://youtu.be/OJ7FTI7ju5U に決まりました! 以下本文にも、書き足しました。また、末尾に、これまでのオンライントーク動画のURLを書き足しましたので、そちらもご参照ください。)

2021年最初のトークは 4月17日(土) 14:00~15:00 です。どうぞ御覧ください。



上関どうするネット・第4回オンライントーク 
祝島小学校再開! おめでとうスペシャル
海上ボーリング調査の再開はお断り♡

 
バナー「祝島小学校再開! おめでとうスペシャル  海上ボーリング調査の再開はお断り♡」
 昨年12月、中国電力は2020年度の海上ボーリング調査を中止すると発表しました。その後の祝島の様子をオンラインで結び 、島の皆さんにお話しいただきます。
 祝島では、この4月に祝島小学校が再開されます!
 5年ぶりの開校について、皆さんの喜びの声を聞かせていただきます。
 そして、春はひじき刈りの季節、特産のひじきの刈り取り、作る様子の動画をお届けします。
 また、昨年11月の上関大橋損傷のその後の復旧状況も伺います。
以上

2020年12月23日水曜日

2020年12月19日収録「中国電力の海上ボーリング調査の中断を受けて」 

2020年12月19日(日)に、山口県上関町の祝島のみなさま、および、上関町の隣町である平生町の小中進さんにお話をうかがって作成した番組を公開しました。ぜひご覧ください。


上関どうするネット・第3回オンライントーク
「中国電力の海上ボーリング調査の中断を受けて」
https://youtu.be/pTyYu3rET2k
2020年12月19日収録(約45分)

 中国電力は2020年度の海上ボーリング調査を中止すると12月15日発表しました。上関どうするネットではこれを受けて急遽12月19日、祝島の皆さんとオンラインで結びインタビュー形式での収録を非公開で行いました。 

 中国電力が今年度の海上ボーリング調査を行うために、10月初旬には山口県に申請を行うだろうとの予測から、私たちは9月15日、zoomによる第1回目のオンライントークをウェビナー形式で開催しました。そして11月4日から海上ボーリング調査のための作業に入るという情報を得て2回目のオンライントークを企画し、11月15日緊急オンライン集会を行いました。(ウェビナー形式によるZoomとYouTubeの二本立て)

 その後も 現地の状況を注視しながら、ボーリング調査の中止後できるだけ早くお伝えしたいと3回目の企画を考えておりました。そうした時間的な制約の中、出演者の都合のつく時間で非公開で収録し、 YouTubeで配信という形にしました。ぜひごらんください。

 収録は、12月19日、祝島の皆さんとは Zoom で、山口県平生町(ひらおちょう・上関町の隣町) の小中進さんとは電話でのインタビュー形式で行いました。(2021/01/06記 小中さんのお住い地が間違っていたため削除しました。)

 通信環境の影響で一部音声が聞きにくい箇所がありますがご容赦ください。

 1回目、2回目の動画のURLも併記しました。併せてごらんいただけると幸いです。

 上関どうするネット・第3回オンライントーク
「中国電力の海上ボーリング調査の中断を受けて」
    https://youtu.be/pTyYu3rET2k
    2020年12月19日収録(約45分)

  • 出演:

-----
第1回オンライントーク(2020年9月5日14:00~15:30)
https://youtu.be/tpm--buLQeA
〈いらんじゃろう!上関(かみのせき)原発2020 ~人も自然も生きものも~海上ボーリング調査も海の埋め立てもNO!〉

第2回オンライントーク(2020年11月15日 14:00~15:30)
〈緊急オンライン集会・海上ボーリング調査の中止と上関原発計画の撤回を求めて
 
https://youtu.be/DG1DGGA4FPk

第3回オンライントーク(2020年12月19日収録(約45分)
〈中国電力の海上ボーリング調査の中断を受けて〉
https://youtu.be/pTyYu3rET2k


 ※カンパ歓迎(上関どうするネットの活動に使わせていただきます。)
振込先 加入者名:上関どうするネット
郵便振替の場合 00130-3-338139
銀行振込の場合 ゆうちょ銀行○一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座0338139 



2020年11月23日月曜日

行動提起(2020年11月15日緊急オンライン集会)

11月15日に開催した、「緊急オンライン集会 海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求めて」(アーカイブを視聴できます→ https://youtu.be/DG1DGGA4FPk)の最後に掲げた、行動提起について、このブログにまとめます。


2020.11.15緊急オンライン集会での行動提起

  •  国会議員の皆さんへ
    • 原発の新規建設を第6次エネルギー基本計画に入れないように働きかけてください。
    • 重要電源対策地点指定を外し、上関原発計画を白紙撤回するよう政府に求めてください。
    • 山口県と中国電力に調査の必要性とこの間の経緯について問い合わせてください。
    • 議員有志で今回の海上ボーリング調査に関する声明を出してください。
    • 現場の混乱の防止と祝島の人たちの漁業権確保について、政府に問いただしてください。

  • 本日参加してくださった皆さんへ
    • 上関原発を建設するための海上ボーリング調査の動きをまわりの方に伝えてください。
    • 月曜Webデモに参加しよう!
      • 祝島の月曜デモに連携して行う月曜Webデモ
        • ハッシュタグ「#」をつけてあなたも参加しませんか? 「#上関原発新規建設お断り」「#私の月曜デモ」など
        • 現在、コロナ感染予防のため、祝島では月曜デモはお休み中です。
    • 山口県と中国電力に電話やFAX、メールなどで気持ちを伝えよう!
    •  祝島に送ろう ~~ 祝島島民の会にカンパを
      • 振込先
        • 郵便振替
          • 口座番号:01390-4-67782
          • 加入者名:祝島島民の会
        • 銀行振込
          • ゆうちょ銀行 店名:一三九(イチサンキュウ)店
          • 当座預金: 0067782
          • 加入者名: 祝島島民の会

2020年11月14日土曜日

2020年11月15日緊急オンライン集会配信URL

明日2020/11/15の、「緊急オンライン集会 海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求めての配信URLが決定しました。

(以下の文章は、前記事と同じ文章に、タイムスケジュールを加えたものです。)


緊 急 オ ン ラ イ ン 集 会
海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求めて

 昨年7月26日、山口県は中国電力に、上関原発計画にかかる埋立免許の再延長と海上ボーリング調査(期間 3年6カ月)を認めました。このことにより、中国電力は2019年11月8日からボーリング調査のための準備工事を開始しましたが、対岸祝島の漁師さんたちが海域で漁を行ったり天候が荒れたりして12月16日に作業を中止しました。(当初の予定は2020年1月30日まで)
 それから約1年過ぎた11月4日、中国電力は再び計画予定地の海に船を出し、準備作業を始めようとしています。
 この埋立免許申請・許可の一連の流れを巡っては非常に多くの問題が横たわっています。
上関原発計画に対しては、漁業への影響が大きいことから祝島の人たちが計画当初の1982年から一貫して反対しています。また、現地の環境保護団体と専門家が一体となって行った長年の調査により、予定地周辺が生物多様性のホットスポットであることも明ら
かになっています。
 私たちは、この瀬戸内海の豊かな海を未来に残したいと願い、上関原発建設計画が撤回されることを求めて、緊急オンライン集会を開きます。
 今、現地でどんなことが行われているのか、祝島と東京を結んでオンラインでお話を伺います。
ぜひ、ご覧ください。

タイムスケジュール
14:00    開会
14:00 - 14:05    司会挨拶と経緯  菅波完さん(高木仁三郎市民科学基金 事務局長)
14:05 - 14:15    「無駄な海上ボーリング調査」 伴英幸さん(原子力資料情報室 共同代表)
14:15 - 14:25    現地の様子(録画) 
        映像提供:    海から    上関原発を建てさせない祝島島民の会
                 陸から    原発いらん!山口ネットワーク メンバー
                        上関原発止めよう!広島ネットワーク メンバー
14:25 - 15:05    祝島と東京を結んでライブ中継 
        清水敏保さん(上関原発を建てさせない祝島島民の会代表)と島民の皆さん
15:05 - 15:20    国会議員の皆さんから
15:20 - 15:30    今後に向けて 上関どうするネットより呼びかけ
15:30    終了

※内容は変更になる可能性があります。

■賛同団体・グループ
原発を考える品川の女たち/国際環境NGO FoE Japan/脱原発をめざす女たちの会/チームゼロネット/やしほ映画社/原子力資料情報室/環境まちづくりNPO元気力発電所/ふぇみん婦人民主クラブ/プルトニウムフリーコミュニケーション神奈川/核・原発のない未来を子どもたちに@練馬/原子力規制を監視する市民の会/さよなら原発品川アクション/NPO法人川崎フューチャー・ネットワーク/市民電力連絡会/有明海漁民・市民ネットワーク/アジア太平洋資料センター(PARC)/八王子市民のがっこう「まなび・つなぐ広場」  

■事務局:上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~(略称:上関どうするネット)
    http://kaminoseki.blogspot.com/
    連絡先 Mail: dousuru_net@mail.goo.ne.jp

2020年11月6日金曜日

緊急オンライン集会のお知らせ(2020年11月15日)

緊 急 オ ン ラ イ ン 集 会
海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求めて
開催のお知らせ
https://youtu.be/DG1DGGA4FPk

11月4日から山口県上関町田ノ浦では、中国電力が上関原発建設のための海上ボーリング調査を始めようとしています。
私たちはこの事態を黙って見過ごすことはできないと考え、祝島と東京を結んで緊急オンライン集会を開催します。
2020年11月15日 14:00~15:30 
お申し込みは不要です。 YouTube で配信します(無料)。URLは追って掲示しますhttps://youtu.be/DG1DGGA4FPk です。(PDFチラシはこちら
  • 11月7日編集:賛同団体・グループを追加しました。
  • 11月10日編集:賛同団体・グループを6件追加しました。
  • 11月12日編集:賛同団体・グループを2件追加しました。また、「原発を考える品川の女たち」の名称を誤記しておりましたので訂正しました。
  • 11月15日編集:配信URLを書き足しました。

緊 急 オ ン ラ イ ン 集 会
海上ボーリング調査の中止と上関(かみのせき)原発計画の撤回を求めて

 昨年7月26日、山口県は中国電力に、上関原発計画にかかる埋立免許の再延長と海上ボーリング調査(期間 3年6カ月)を認めました。このことにより、中国電力は2019年11月8日からボーリング調査のための準備工事を開始しましたが、対岸祝島の漁師さんたちが海域で漁を行ったり天候が荒れたりして12月16日に作業を中止しました。(当初の予定は2020年1月30日まで)

 それから約1年過ぎた11月4日、中国電力は再び計画予定地の海に船を出し、準備作業を始めようとしています。

 この埋立免許申請・許可の一連の流れを巡っては非常に多くの問題が横たわっています。

 上関原発計画に対しては、漁業への影響が大きいことから祝島の人たちが計画当初の1982年から一貫して反対しています。また、現地の環境保護団体と専門家が一体となって行った長年の調査により、予定地周辺が生物多様性のホットスポットであることも明らかになっています。

 私たちは、この瀬戸内海の豊かな海を未来に残したいと願い、上関原発建設計画が撤回されることを求めて、緊急オンライン集会を開きます。

 今、現地でどんなことが行われているのか、祝島と東京を結んでオンラインでお話を伺います。ぜひ、ご覧ください。

  • 日時:2020年11月15日(日) 14:00~15:30
    • YouTube配信します(無料)。
      URLは追ってご案内します。
      上関どうするネットのブログにも掲載します。
      → http://kaminoseki.blogspot.com/            

  • 内容:
    • 上関原発計画の概要と問題点
    • 現地の動画
    • 祝島と結んで
    • 国会議員の皆さんから
    • 今後に向けて

    ※内容は変更になる可能性があります。 

  • 賛同団体・グループ(2020年11月12日現在)
    • 原発を考える品川の女たち
    • 国際環境NGO FoE Japan
    • 脱原発をめざす女たちの会
    • チームゼロネット
    • やしほ映画社
    • 原子力資料情報室
    • 環境まちづくりNPO元気力発電所
    • ふぇみん婦人民主クラブ
    • プルトニウムフリーコミュニケーション神奈川
    • 核・原発のない未来を子どもたちに@練馬
    • 原子力規制を監視する市民の会
    • さよなら原発品川アクション
    • NPO法人 川崎フューチャー・ネットワーク
    • 市民電力連絡会
    • 有明海漁民・市民ネットワーク
    • アジア太平洋資料センター(PARC)
    • 八王子市民のがっこう「まなび・つなぐ広場」
  • 事務局
    • 上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~ (略称:上関どうするネット)

以上

2020年10月6日火曜日

中国電力東京支社と山口県東京事務所への申し入れ(2020/10/05)報告

昨日10月5日(月)、中国電力東京支社と山口県東京事務所に上関どうするネットとして申し入れをしてきました。

今回の申し入れは、9月5日に行ったオンライントークの話をもとに行ったものです。

「上関原発建設計画は 山口県だけにとどまる問題ではなく全国的な問題で」あり、上関原発建設につながるボーリング調査は決して行わないようにという、私たちの思いが、中国電力、山口県に届くことを心から願います。以下は、山口県知事宛て申し入れ書「中国電力の上関原発のためのボーリング調査を許可しないでください」(pdfはこちら)と、中国電力社長宛て申し入れ書「上関原発の建設につながる海上ボーリング調査を行わないよう申し入れます」(pdfはこちら)の写しです。

山口県知事宛て:


2020年10月5日
山口県知事
村岡嗣政様
上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~
(略称:上関どうするネット)
http://kaminoseki.blogspot.jp/
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-4 小倉ビル1階
NPO法人 原子力資料情報室 気付

中国電力の上関原発のためのボーリング調査を許可しないでください
 
 私たち「上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~」(略称 上関どうするネット)は、上関町の出身者や親戚が上関町に暮らす者、上関町の事業者と商取引のある者、山口県出身者、首都圏で暮らす者など、有志で構成している市民グループです。2009年秋に東京で活動を開始、様々な活動を行う中で、上関原発建設計画は山口県だけにとどまる問題ではなく全国的な問題であるという認識を強く抱いています。

 先日2020年9月5日には、オンライントーク「いらんじゃろう!上関原発2020 ~人も自然も生きものも~ 海上ボーリング調査も海の埋め立てもNO!」を行いました。オンライントークで、豊かな自然、自然とともに生きる上関町祝島の人びとの生活を再確認しました。また、上関原発によって直接的に被害を受けると思われる上関町祝島はIターン、Uターンの若者が人口の1割を占めるまでになり、来年には小学校が再開されるまでになったことを知りました。2011年の工事中断を受け、上関町においては原発に反対の人も賛成の人も協力して町づくりを進めているという話を聞きました。昨年のボーリング調査は、再び地域に分断を持ち込むもので、やはり原発建設は人々の生活と相いれないものだと確信しました。また、電力の需要供給問題に関しては供給力が需要を大きく上回り、上関原発建設計画はそもそも必要ないことを確認しました。中国電力が提出した公有水面埋立免許伸長願いに対し貴職は正当な理由がないまま判断留保を繰り返し、2016年に免許伸長を認めるというその理不尽さに憤りを覚えました。
 私たちは、上関原発建設計画について山口県の動きを注視しています。
 昨年の「工事竣工期間伸長」や「海上ボーリング調査」について許可者としての責任を踏まえることなく貴職が許可に及んだこと等に、大きな危惧を抱いています。今月中にも中国電力から出されるかもしれない原発建設のための海上ボーリング調査の申請に対し、決して許可を出さないよう改めて強く申し入れます。


 

中国電力宛て:


2020年10月5日 
中国電力株式会社
代表取締役社長 清水希茂 様
上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~
(略称:上関どうするネット)
http://kaminoseki.blogspot.jp/
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-4 小倉ビル1階
NPO法人 原子力資料情報室 気付
 
 上関原発の建設につながる海上ボーリング調査を行わないよう申し入れます
 
 私たち「上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために ~」(略称:上関どうするネット)は、上関町の出身者や親戚が上関町に暮らす者、上関町の事業者と商取引のある者、山口県出身者、首都圏で暮らす者など、有志で構成している市民グループです。2009年秋に東京で活動を開始、様々な活動を行う中で、上関原発建設計画は山口県だけにとどまる問題ではなく全国的な問題であるという認識を強く抱いています。

 先日2020年9月5日には、オンライントーク「いらんじゃろう! 上関原発2020 ~人も自然も生きものも~ 海上ボーリング調査も海の埋め立てもNO!」を行いました。オンライントークで、豊かな自然、自然とともに生きる上関町祝島の人びとの生活を再確認しました。また、上関原発によって直接的に被害を受けると思われる上関町祝島はIターン、Uターンで若者が人口の1割を占めるまでになり、来年には小学校が再開されるまでになったことを知りました。2011年の工事中断を受け、上関町においては原発に反対の人も賛成の人も協力して町づくりを進めているという話を聞きました。昨年のボーリング調査は、再び地域に分断を持ち込むもので、やはり原発建設は人々の生活と相いれないものだと確信しました。また、電力の需要供給問題に関しては、供給力が需要を大きく上回り、上関原発建設計画はそもそも必要ないことを確認しました。御社が提出した公有水面埋立免許伸長願いに対し山口県知事は正当な理由がないまま判断留保を繰り返し、2016年には免許伸長を認めるというその理不尽さに憤りを覚えました。

 中国電力は直ちに上関原発建設計画を白紙撤回してください。これ以上、地域に分断を持ち込み破壊することはやめてください。福島原発の大惨事を体験した日本で、なお新たな原発を、海を埋め立てて建設することは暴挙というほかありません。

 原発推進の姿勢を直ちに改めてください。

 海上ボーリング調査の実施に私たちは到底同意することはできず、その断念を強く申し入れます。

以上